成熟社会 都市ストックの再編
11月 22nd, 2011

富士吉田プロジェクトの中間報告

富士吉田商工会議所と富士吉田市からの依頼を受けて、今年度から中島研究会で取り組んでいる富士吉田における富士山駅を起点とした富士信仰を活かした観光施策に関する調査の中間報告会が、2011年11月21日に開催されました。今回は、食と農に関する調査を担当する玉村先生の研究会と合同での発表でした。中島研は、学部3年の赤松、海野、学部2年の渡邊、朝香、学部1年の湯浅の5名が分担して、「歩く上吉田プロジェクト」について説明しました。富士山に向かって1キロ続く富士道を、いかに飽きさせずに楽しく歩けるようにするのか、が課題で、たつ道のオープン化や御旅所ひろばなどを提案しました。これらを本当に実現可能なプロジェクトにしていくためには、これから地域のさまざまな方々と丁寧に丁寧につめて検討していかなければならないことが沢山あります。改めて、頑張らねば、と思いを強くした次第です。また、玉村研のプラットフォーム構築を目指した現代富士講の提案は、非常に説得力があり、中島研も大いに参考に、そしてそのプラットフォームにのせられるものはのせていきたいと思います。

中間報告における全体構想案

帰り道の富士山。

by naoto.nakajima | Posted in プロジェクト, 富士吉田, 研究会B(1) 都市計画・都市デザイン, 都市探訪 | 富士吉田プロジェクトの中間報告 はコメントを受け付けていません。 |
11月 22nd, 2011

銀座三越での茶室展示

 少し前の話になりますが、当研究室修士1年の平野奈々子さんと、池田研究室の水上さん、小林研究室の桝永さんの3名が共同で提案した作品(紙一重)が、「日本建築学会建築文化週間学生グランプリ2011 建築家特別養成講座」にて見事、一等賞を獲得し、その作品が銀座三越に展示され、実際にお茶会に使われました。おめでとう!!
http://www.sfc.keio.ac.jp/news/20111024.html

平野さんにとっては実作第一号。今回は屋内での展示が前提で、周囲の環境との応答よりは、茶室内部でのお茶の作法との応答が重視されていましたが、周囲に対して多様な外部への開き方が可能なこの茶室は、より外部環境に対してコンテクスチュアルにデザインされればされるほど、魅力を増すように思いました。そういう意味では、とても都市的な作品でした。

茶室

by naoto.nakajima | Posted in その他、学生の活躍 | 銀座三越での茶室展示 はコメントを受け付けていません。 |













Powered by Wordpress using the theme bbv1